学びのスケジュール

実習や少人数ゼミを多く含むきめ細かい指導が特徴です

コンピュータ応用工学科では実習や少人数ゼミを多く含む一貫したカリキュラムで,きめ細かい指導を受けながらコンピュータ応用技術を基礎からじっくり学べます.

一貫したカリキュラムで基礎から応用まで学びます

システム制御の考え方を基盤とするコンピュータ応用技術は普遍的であらゆる分野に応用できます.そのため,カリキュラムにコースは設けず,「ロボット」「乗り物」「知能情報システム」の各分野をカバーする科目群を履修できます.

少人数でのゼミナール科目を豊富に用意しています

入学直後の「コンピュータ応用工学入門ゼミナール」,3年次の「コンピュータ応用ゼミナール」,4年次には「プロジェクトゼミナール1,2」と「卒業研究1,2」を用意.学年に応じたきめ細かい指導を受けることができます.

ほかの学科にはないユニークな演習科目で専門科目のスタートとまとめができます

初年次の「創造工学演習」でスタート.3年次秋の「システム開発演習」で総まとめ.

237